趣味の読み物まとめブログ

このサイトはJvTが今まで読んだやる夫スレやネット小説をおすすめするサイトです。これから小説ややる夫スレを読む皆様の一助になれば幸いです。

その他 ハーメルン

よう実×呪術廻戦

投稿日:

確かにこの学校やってること蟲毒みたいなもんだからな…(挨拶

ハーメルンで連載中の呪術廻戦とようこそ実力至上主義の教室へのクロスオーバー。世界観ごとのクロスオーバーであり、主人公は五条の弟のオリ主が務める。

「は?一般校に入学しろ?」「うん、そう」
社会の裏側に『呪い』の蔓延る世界で、日本呪術界の頂点に立つ兄・五条悟との会話は唐突な頼みから始まった。
五条護(ごじょう まもる)も兄と同じく呪いを祓う呪術師であり、兄からこんな頼み事でもなければ呪術界の総本山である『東京都立呪術高等専門学校』に入学するつもりだったからだ。
兄の説明によるとその一般校・『高度育成高等学校』は極めて特殊なカリキュラム学校で、進学・就職率100%が謳い文句の日本一の名門校なのだが『入学してしまうと卒業・退学するまで外部との連絡が一切禁止される』という制度のため、高専関係者でも中に入るのに面倒な手続きが必要になるらしい。仮に中で事件が起こったとしても。
つまり兄は護にこう言っているのだ。「学生として中に入り込み、中で呪霊関係の事件が起きたら解決しろ」と。
しかし、呪霊関係の事件は基本的に「起こってから」対処するもの。何故起こってもいない事件のために3年間も拘束されなければならないのか。
答えは「もう起こっているから」。ここ数年、体調不良で入院する生徒が多くなってきていて、こっそり侵入して見てみれば歴史の浅い学校にしては等級が低いとはいえ呪霊の数が多かったらしい。
更にこの件は学校側からの依頼でもあるとのこと。学校側の事情からの無茶な要求を高専が突っぱね、突っぱねた依頼を悟が個人的に持ってきたようだ。
かくして五条悟の弟・五条護は実力至上主義の学校へと入学することになる…

よう実側の設定的に生徒がストレスをため込んでいることは想像に難しくなく、呪術側と上手く繋げた作品だと思う。
オリ主は学校側の依頼で来ており、特にこれまでの素行自体も問題ないことからAクラスに配属される。メインヒロインは有栖になると思うが楓花は呪霊を見る才能があるという設定になっているのでダブルヒロインか。
肝心のオリ主の実力は、というと結界師の結界術染みた術を扱い五条悟からも「逃げることができる」ぐらいの能力があるかなりのもの。
呪術側の時系列的には夏油の百鬼夜行前なので虎杖はまだ登場しない。2章がかなり呪術がらみに描かれていて、そこで高専側のパンダ達との交流がある。

よう実作品の中では一番の期待株。続きが気になる…!

ハーメルン よう実×呪術廻戦

スポンサーリンク

-その他, ハーメルン
-, , , , ,

Copyright© 趣味の読み物まとめブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.