趣味の読み物まとめブログ

このサイトはJvTが今まで読んだやる夫スレやネット小説をおすすめするサイトです。これから小説ややる夫スレを読む皆様の一助になれば幸いです。

Fate ハーメルン

犯罪多重奇頁 米花

投稿日:

犯罪多重とはよく言ったものだ…(挨拶

ハーメルンで連載中のFGOと名探偵コナンのクロスオーバー作品。これもサザエさん時空&米花市の犯罪率に解答を示した作品の一種か…?

時系列はFGO側の時系列は第2部。
人類最後のマスターである藤丸立香に、日本の東京に特異点が発生したと連絡が入った。
なんでもその特異点はいくつか特殊な性質があり、まずそこにあるはずの都市が「米花市」という存在しない都市に塗り替えられていること。
次に米花市で起こる犯罪件数が、日本の平均からみても異常な数値を示していること。
最後に、米花市内の時間がループしており、住人はそのループに対して違和感を示していないことと、これに伴い科学技術がおおよそ20年前のものであること。
特に厄介なのはこのループであり、時間の巻き戻しに対抗するため、クラススキルとして「忘却補正」を持つアヴェンジャーしか今回は連れていくことができない。
果たしてこの都市で何が起きているのか。この都市で彼らは「少年探偵」と出会う…

作品的なご都合主義、といえばそれまでだが、実際に計測してみると米花市の犯罪率はおかしい。ロアナプラと同列に扱われるレベルだ。
さて、名探偵コナンの主人公ことコナン君はシャーロック・ホームズの熱烈なファンであり、カルデアには英霊だがホームズ氏本人と、プラスしてモリアーティが存在している。
「あれ?確かカルデアとは通信できたし、ホームズと連絡取り合って謎解きしてればいいんじゃ…」と思うだろうがホームズ&モリアーティはこの特異点に対し、下手に干渉すると霊基に異常をきたす、という形で出禁を受けている。残当。
というわけで居残り組のサーヴァントたちが、出向組の出会う犯罪に対し、自分達の推理を繰り広げるという展開が面白い。きよひーことウソ発見器も大体出禁レベルじゃねぇのかなこれ…

まぁ本作で重要なのは誰が犯人か、ではなくそこにたどり着くまでの過程だから…(震え声

ハーメルン 犯罪多重奇頁 米花

スポンサーリンク

-Fate, ハーメルン
-, , , ,

Copyright© 趣味の読み物まとめブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.