趣味の読み物まとめブログ

このサイトはJvTが今まで読んだやる夫スレやネット小説をおすすめするサイトです。これから小説ややる夫スレを読む皆様の一助になれば幸いです。

Fate ハーメルン

FGO ANOTHER TALE

投稿日:

明けましておめでとうございます。今年も当ブログをよろしくお願いします。

ハーメルンで連載中のFGOの二次創作小説で、主人公はいつもどおりの藤丸立香…ではなく、オリジナル主人公。しかし、立ち位置も基本的には変わらないので名前の違う立香ぐらいに思っておけばいいのでは?

息を切らしながら一人の少年が夜の暗闇を走ってる。
彼の名は藤宮光己(ふじみや みつき)。カルデアの職員に適性があると勧誘され、施設に連れてこられて説明を受けている最中に爆破テロに巻き込まれるというトンデモ事態に居合わせたわけだが、爆発に巻き込まれたと思ったらどういうわけか知らない街にいて、今まさに骸骨の群れから逃げている最中だった。
訳も分からず逃げ回っていると、偶然武家屋敷のような広い家の土蔵に入り込み、その中で魔法陣のようなものを発見する。
「街がこうなってんのはこれで悪魔でも召喚したせいか?」なんて冗談めいたことを考えている間にも骸骨達は迫ってくる。
半ばヤケを起こした光己が魔法陣に向かって「神でも悪魔でもいい、何でもするから助けてくれ!」と叫ぶと、光輝いた魔法陣から白いドレスの上に甲冑を付け、剣を持った女の子が召喚されたのだった…

この作品の特徴としては、「シリアスよりもギャルゲーチックな展開が多い事」と「主人公が悪竜現象で変身できること」、そして「FGO原作の時系列関係なく鯖が召喚されていること」にある。
特異点Fの冬木の時点でブラダマンテ…はまだいいとしてもワルキューレとか召喚されてるし、第二特異点の前にカーマとか出てきたりする。あーもうめちゃくちゃだよ(時空
2つ目については「ジークフリートはファヴニールの血を浴びたら無敵になったんだよな。つまり俺もヤツの血を浴びれば無敵になれるんじゃないか?」という発想からやることに。
ジークフリートの逸話に詳しいわけではないが、血を浴びることがトリガーなら確かに再現性はある…のか?いや、それにしても君は替えが効かない人材なんだからもう少し体を大事にしたほうが…
1つ目はこの要素のおかげで作風が全体的にライトになっている。ガッツリ濃厚なシリアスを楽しみたい人には合わないかもしれないが。

割かしいいペースで連載が続いているのでこの調子で完結まで続いてほしい。

ハーメルン FGO ANOTHER TALE

スポンサーリンク

-Fate, ハーメルン
-, , ,

Copyright© 趣味の読み物まとめブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.