趣味の読み物まとめブログ

このサイトはJvTが今まで読んだやる夫スレやネット小説をおすすめするサイトです。これから小説ややる夫スレを読む皆様の一助になれば幸いです。

その他 ハーメルン

夢現

投稿日:

こういう静かな雰囲気のアフターストーリーっていいよな…

ハーメルンで連載していたTRIGUNとARIAという異色の組み合わせの作品。しかも主人公はTRIGUNのラスボス、ナイブズである。
物語はTRIGUN MAXIMUMの最後、ヴァッシュを医者に預けたナイブズが、リンゴの木を自身のプラントの能力で創造し、消失したところから始まる。
消えたと思ったナイブズは、気が付くと列車に乗っていた。
列車の中で人間ではない何者かに切符を求められるが、ナイブズは当然所持していない。
どうするべきかと思っていると、握っていた右手の中に「白紙の切符」があることに気が付く。
「未来への切符はいつも白紙」…あの戦いの中、聞こえたヴァッシュの言葉を思い出す。これは彼らの餞別なのか。
列車内のアナウンスで、列車が「水の惑星アクア」に着いたことを知ったナイブズは、ここで降りてみることにする。
彼はもう一度、人間と生きることができるのか。

正直この作品を見つけた時は作品紹介を2度見したレベル。
砂漠の星でのキチガイ染みた戦闘能力保有者による、血で血を洗う戦いが舞台のTRIGUNと、水の星での穏やかな生活を描いたARIA。
どちらも地球ではない別の惑星での物語だが、作品としてのベクトルはほぼ真逆。
しかし、ナイブズの過去と、TRIGUN最終回の憑き物の落ちた彼を鑑みれば、こんなにも穏やかに生きる彼はあってしかるべきなのか、とも思う。
ヴァッシュよりも人間との未来にに希望を抱いていたが故に、反転してあんなにも人類を憎んでしまった。
元々砂漠の星に住んでいたせいか、水の豊富さに驚くナイブズも新鮮だった。
最初はまだまだ人間に固い所を見せるけど、アテナや灯里達との交流を経て少しずつ打ち解けていく感覚。

戦闘要素は全然無い作品なので、穏やかなナイブズを見たい人は是非読んで欲しい。

ハーメルン 夢現

スポンサーリンク

-その他, ハーメルン
-, , ,

Copyright© 趣味の読み物まとめブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.