趣味の読み物まとめブログ

このサイトはJvTが今まで読んだやる夫スレやネット小説をおすすめするサイトです。これから小説ややる夫スレを読む皆様の一助になれば幸いです。

やる夫スレ 安価スレ

やる夫が異世界で前を向いて生きるようです

投稿日:

異世界!レベル!ステータス!うーんこのテンプレ感!(挨拶

安価系やる夫スレ作品で、あさねこ氏の一番最初の作品。引きこもりニートのやる夫が異世界に突然飛ばされ、サバイバル生活からスタートする作品。チートはない。

主人公のやる夫は一日中パソコンの前に座り、ネット小説の粗探しをして回るような引きこもりニート生活を送っていた。
しかし、やる夫は気が付くと別の世界に転移していた。何故なら現代日本ではお目にかかることができないようなモンスターが目の前にいたからだ。
やる夫は自分がネット小説のように異世界に転移したことに喜びを感じ、モンスターに殴りかかるもすぐに撃退され、這う這うの体で森の中を逃げ回ることに。
自分にはチート能力なんてものはなく、あれだけ読んでいたネット小説の知識を活かしてサバイバルすることもできない。
絶望に暮れるやる夫だったが、森の中にあった誰かの白骨死体の傍からナイフやショートソード、本などを入手。
一縷の希望を見出したやる夫は、当てのないサバイバル生活を開始する…

まさしくなろう小説のようなスタートだが、チートなし、周りのモンスターが特別強いわけでもないのでイカサマ染みた方法での楽勝レベルアップも無し、やる夫自身もヒキニートという本当にゼロからのスタートとなる。
しかし、この後もずっと本当に森でサバイバルを続ける展開にはならず、森を訪れた冒険者のパーティによって救出され、街を拠点にして冒険者となって異世界で生活していく。
面白さは街に到着してからのやる夫と住人のコミュニケーション、そしてダンジョンアタックを通して深まる絆にある。
時折登場する不可解な人物は、この物語の続編を見ることで明らかになるだろう。
レベルやステータス、スキルのあるテンプレゲーム的異世界なので、苦手な人は苦手かもしれない。小説だともうこの時点でほぼほぼリターンしてるが、やる夫スレだと案外平気な感じがするのはなんでだろうなぁ…

あさねこ節とも言うべきか、原作とキャラ設定どころか性格が違う人物が結構登場したりするので、その辺も注意が必要かもしれない。

やる夫達のいる日常 やる夫が異世界で前を向いて生きるようです

スポンサーリンク

-やる夫スレ, 安価スレ
-, , , ,

Copyright© 趣味の読み物まとめブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.