趣味の読み物まとめブログ

このサイトはJvTが今まで読んだやる夫スレやネット小説をおすすめするサイトです。これから小説ややる夫スレを読む皆様の一助になれば幸いです。

小説家になろう 異世界転移・転生

境界迷宮と異界の魔術師

投稿日:

久しぶりのなろうスコップです(挨拶

小説家になろうで連載していたファンタジー小説。VRの普及した世界で、VR世界→似た異世界に転生するタイプの異世界転生。

VRMMO「Break Force Online」に熱中するプレイヤーの1人、霧島景久は今日も今日とてログインして自分のアバターである「テオドール」でゲームを楽しもうとヘッドギアを付け、電源を入れた。
その瞬間、セキュリティアラートに気付いた。
設定されたプライベートエリア内に人がいる。え?1人暮らしなのに?
慌てて辺りを見渡すと、ギア越しにクローゼットから出てきた男と目が合う。
直前に外出していた際に、なんと空き巣に入られていたようなのだ。
空き巣はこちらの視線に気づいたようで、なんと包丁を手に突っ込んできた。
腹に包丁を刺した空き巣は、そのまま景久のヘッドギアのログイン用スイッチを入れ、どうすることもできない景久の意識はそのまま沈んでいった。
気が付くと景久は誰かに抱きかかえられていた。「テオドール様」と自分の名前を呼ぶ声がする。
異母兄弟によって水路に突き落とされたテオドールは、混濁する意識の中、「霧島景久」としての記憶を思い出した。
ガードナー伯爵家の庶子であるテオドールは、本妻の子供たちから虐められていた。そのようにテオドールというキャラをメイクしたのは景久なのだが。
しかし、今の自分には力がある。BFO内の魔法の使い方、そしてPvP、つまり対人戦の経験。
異母兄弟に力関係を示したテオドールは、自身のメイドであるグレイスを連れ、実家を出て迷宮のある境界都市へと向かうのだった。

まずこの小説、恐ろしく長い。2020年5月17日時点で2207話存在する。2207⁉
本編は700話とちょっとぐらいで完結していて、その後延々と番外編の更新が続いている。
さて、本作はテオドールの成り上がりを描いた作品となっている。
迷宮のある都市が舞台なので、至極当然だが迷宮での探索をすることにしたテオドールだったが、持ち前の対人戦闘術と、BFOのジョブである「バトルメイジ」の技である魔力循環はこの世界では高度な技術らしい。
そりゃあ極めたMMOプレイヤーなんて、どいつもこいつも変態レベルなのはどのゲームも一緒か。
で、持ち前の戦闘力でアレコレ助けていくうちに、「テオドール」としての因縁や、迷宮の中心に関わっていくことになる。
ちなみにおおよそ200話ぐらいでこんな展開になるもんだから、「え?あと2000話も何してんのこの小説…」とわりと真面目に考えた。

繰り返すがかなりの大長編なので、ガッツリ長編が読みたい人におすすめ。

小説家になろう 境界迷宮と異界の魔術師

スポンサーリンク

-小説家になろう, 異世界転移・転生
-, ,

Copyright© 趣味の読み物まとめブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.