趣味の読み物まとめブログ

このサイトはJvTが今まで読んだやる夫スレやネット小説をおすすめするサイトです。これから小説ややる夫スレを読む皆様の一助になれば幸いです。

ハイファンタジー 小説家になろう

煤まみれの騎士 ~かつては神童と呼ばれながらも授かった魔力がゼロだった男、蔑まれ迫害され元婚約者に仕えることになったけど諦めずに戦い続けます~

投稿日:

タイトルが長い!(挨拶

小説家になろうで連載中のファンタジー小説で、ジャンルとしては追放ものになる。

主人公・ロルフは神童だった。
まだ子供の頃から剣の腕・知力とどれをとっても非凡であり、婚約者のエミリー、自身の妹のフェリシアとの仲も良好。
順風満帆な生活を送っていたロルフは、この幸せがいつまでも続くと思っていた。
しかし、自身の国で15歳になる時に行われる魔力を授かるための儀式で、ロルフはどういう訳か魔力を女神から授かることができなかった。
魔力を用いて魔族と戦争をしているこの世界において、女神から魔力を授かれなかった魔力無き者は人にあらず…
その日からロルフの生活は一変した。父も母もロルフに冷たく当たり、エミリーとの婚約も解消される。
だがロルフは諦めなかった。自身にはまだ剣がある、と。
茨の道であることを自覚しながらも、ロルフは騎士団へと入隊する…

追放ものの例だと序盤から「この主人公のスキルが実は~」とかいう展開が多いが、この主人公自身は本当に序盤は剣技と知力だけで魔力至上主義世界でやっていくことになる。
当然主人公の属する国家には「魔力が無い=女神に見放されている」と見做すものしかほぼおらず、騎士団での扱いは最低。同じく騎士団に入隊したヒロインの従卒としてどうにかこうにか生きていられている状態。
主人公は序盤の時点で剣の腕では作中トップクラスだが、この世界の人間や魔族は魔力に守られているため、魔力が無いとそもそもダメージを与えられない、という前提がある。
転機が訪れるのはナーロッパご用達の魔族の奴隷を拾ってから。

現在ようやく主人公の一転攻勢が始まったあたり。このクオリティで最期まで駆け抜けてください…!

小説家になろう 煤まみれの騎士 ~かつては神童と呼ばれながらも授かった魔力がゼロだった男、蔑まれ迫害され元婚約者に仕えることになったけど諦めずに戦い続けます~

スポンサーリンク

-ハイファンタジー, 小説家になろう
-, ,

Copyright© 趣味の読み物まとめブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.