趣味の読み物まとめブログ

このサイトはJvTが今まで読んだやる夫スレやネット小説をおすすめするサイトです。これから小説ややる夫スレを読む皆様の一助になれば幸いです。

その他 ハーメルン

仮面ライダーだけど、俺は死ぬかもしれない。

投稿日:

仮面ライダーという名の社畜(挨拶

ハーメルンで連載中の、仮面ライダーアギトとシンフォギアのクロスオーバー作品。主人公は名前こそ津上翔一だが、中身はオリ主である。

主人公、津上翔一は転生者である。記憶の大部分を無くし、気が付けば浜辺に打ち上げられていた翔一にはいくつか分かっていることがあった。
1つ目は、この世界が「戦姫絶唱シンフォギア」の世界であり、何故か自分はこの世界で「仮面ライダー」の力を持っていること。
2つ目は、自分に「仮面ライダーアギト」に登場した3体の幹部級怪人である「エルロード」が憑依していることだ。
「火のエル」、「地のエル」、「風のエル」。3体の脳内上司に小言を言われながら、今日も翔一は仮面ライダーという名の社畜として、戦いに身を投じていく…!

エルロードといえば、仮面ライダーアギトの世界観において、創造主であるテオスの配下として人間達と戦った怪人たちの上位存在であり、メタ的に言えば4大天使がモチーフとなっている。
この中で、火のエルだけは人間の味方となり、人間との間に子供を儲け、人間達に力を与えたことが仮面ライダーアギト本編におけるアンノウンの引き起こす殺人事件へとつながっていく。
そんな背景もあって、他のエルとの仲は悪い…はずなのだが、本作品においては、「ノイズを狩る」という意見については他のエルと息の合った意見を見せる。真面目か!
ちなみに正体を得意災害対策機動部二課に対しても秘密にしており、二課からも身柄を狙われていたりする。

3人の脳内上司からノイズを倒すようにせっつかれながら、二課からも身を隠してバイトとノイズ狩りを両立するとかストレスマッハすぎる…

ハーメルン 仮面ライダーだけど、俺は死ぬかもしれない。

スポンサーリンク

-その他, ハーメルン
-, , , ,

Copyright© 趣味の読み物まとめブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.