趣味の読み物まとめブログ

このサイトはJvTが今まで読んだやる夫スレやネット小説をおすすめするサイトです。これから小説ややる夫スレを読む皆様の一助になれば幸いです。

やる夫スレ 非安価スレ

女神転生異聞録―崩壊世界でシムシティ―

投稿日:

シム…シティ…?(挨拶

非安価系やる夫スレ作品で、女神転生シリーズを原題とした作品。

時は現代、日本の平和を陰から支える退魔組織であるヤタガラスは、その勢力を2つに分けていた。
古くから伝わる技術と運営体制に拘る保守派と、現代の発達した電子技術を取り入れる改革派だ。
しかし、本来術式に必要な複雑な計算式を、電子機器によって行えるようになった改革派は急激に規模を拡大し、保守派は徐々に衰退を始めていた。
そんな裏の世界の家に生まれた主人公・やる夫は、ヤタガラスで冷遇されていた。
改革派の術式補助機械を歓迎しなかった保守派…所謂名門と呼ばれる家は、補助器具では及びにくい純粋な術の力…「魔」を評価し、改革派も対抗するように「魔」の高い人材を集めた。
だがやる夫は「魔」の才能に欠けており、肉体的な技術はあれど、「魔」が無いの一点だけで能無しと見られる…そんな時代になっていたのだ。
そして物語は、このやる夫を中心にヤタガラスどころかガイア、メシアすらも巻き込んで動き出すことになる…

ヤタガラスの内部が腐敗しているということが特徴の作品。
護国組織がそんなことでいいのか、と思うが結局は人の運営する組織。地位や名誉というものには心を奪われてしまうのかもしれない。
あ、当たり前のようにR-18作品だしダークな描写もありです。メガテンなら仕方ねぇな!(諦観
この作品の肝は、この冷遇されているやる夫の成り上がりである。
改革派・保守派ともに「魔」に特化した人材を集め、その他の人間を冷遇する…ということは、冷遇されている人間がいつまでもヤタガラスにいるわけではなく、ガイアやメシアに下ってしまうことに繋がる。自分から戦術の幅を狭めていくのか…(困惑

何故か裏できな臭いことをしている改革派、忍び寄る世界の危機…あれ?崩壊は?シムシティーは?

やる夫まとめくす 女神転生異聞録―崩壊世界でシムシティ―

スポンサーリンク

-やる夫スレ, 非安価スレ
-, , ,

Copyright© 趣味の読み物まとめブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.