趣味の読み物まとめブログ

このサイトはJvTが今まで読んだやる夫スレやネット小説をおすすめするサイトです。これから小説ややる夫スレを読む皆様の一助になれば幸いです。

その他 ハーメルン

カズマと名乗るのは恐れ多いのでカズヤと名乗ることにした

投稿日:

ごちゃごちゃ考えない作品同士のクロスだァー!(挨拶

ハーメルンで連載中の作品で、スクライドとシンフォギアシリーズのクロスオーバー作品。主人公はカズマのようなオリ主が務める。
気が付けばスクライドのカズマになっていたオリ主。スクライドのことだけは覚えているが、それ以外のことはうろ覚えというご都合記憶喪失のまま、スクライドの世界においてアルター能力の源とされる「向こう側」の世界を漂っていたオリ主は、空間に空いた穴に引っ張られると、見た事も無い化け物に出迎えられていた。
後にノイズと呼ばれる化け物を倒し、助けた少女から名前を聴かれるが何と名乗ったものやら。
その時、オリ主に電流走るー!
カズマと名乗るのが恐れ多いなら、カズヤと名乗ればいいじゃないか。

この作品の主人公はカズヤ。カズマではない。
ノイズは原作設定では、触れると灰になるし、そもそも存在の位相差によって物理エネルギーを減衰~無効化するという特性があるのでシンフォギア奏者以外は太刀打ちできないという設定。
本作品では、その部分についてスクライドの「アルター能力者が生物を能力で変換できない特性で炭素変換を無効化している」設定でかみ合わせ、更に「向こう側」の世界から無意識的に力を引き出している設定を取り入れ、「無意識的にノイズのいる世界にアクセスして攻撃を通している」とこちらも上手く設定の帳尻を合わせている。
オリ主に関してご都合的な部分が多く見受けられたが、この辺の設定合わせは上手いと思った。
最初に「向こう側」の世界に漂っていて、そっから出たり入ったりしてるせいで時間の概念を超越し、死ぬはずだだった人間のフラグもいくつかへし折っている。同時にフラグも埋める。これを見に来た。

ごちゃごちゃ考えない作品同士がクロスした結果、読んでるうちにごちゃごちゃ設定について考えちゃってる。これもうわかんねぇな…

ハーメルン カズマと名乗るのは恐れ多いのでカズヤと名乗ることにした

スポンサーリンク

-その他, ハーメルン
-, , , ,

Copyright© 趣味の読み物まとめブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.